胃カメラ、大腸カメラ検査なら胃腸科専門医院のヒューマントラストクリニックすずき

クリニックについて

  • HOME »
  • クリニックについて

クリニックについて|about hospital

ヒューマントラストという言葉に表されているように、患者さまとの信頼関係の構築。これが当院の理念であり運営方針です。また、確かな技術と真摯な対応で、患者さま第一の医療を提供すること。こうした理念と基本方針の実践を志し、日々の診療に邁進しております。

医院長の紹介|doctor introduction

鈴木和信 医院長

鈴木和信 医院長昭和50年、 東京医科大学卒業。
昭和60年、 胃がんにおける術前補助化学療法の「臨床病理学研究」により医学博士号取得。
昭和61年、 東京医科大学外科学教室講師。
平成10年、 同大学同教室助教授に就任。
平成14年、 東京都率立。東京都立豊島病院外科部長に就任。
平成14年、 ヒューマントラストクリニック開院。

TV東京「スーパードクターを探せ」出演。
週刊文春「内科医が選ぶ手術の上手い外科医50」掲載。

〜医院長よりメッセージ〜
ガンは、早期発見が大切です。気になる方は、早めに検査をお勧めします。
大事になる前に発見する努力が必要不可欠です。

鈴木啓一郎 副院長

平成19年度 東京医科大学卒業
専門領域は大腸、肛門
日本外科学会専門医

クリニックの特徴|about feature

TV特集や週刊誌、新聞などで取り上げられた、胃・腸・消化器のスペシャリストが、診察~検査~手術~術後までトータルケア。最新の医療機器と確かな技術、患者さまに優しい診療体制で、確かな安心を提供致します。

大腸がん・胃がんは内視鏡検診での早めの診断が鍵大腸がん・胃がんは
内視鏡検診での早めの診断が鍵

大腸がんは女性の死因のトップ。ポリープは小さい内に切除できれば良いが、自覚症状が出ないため、健診の機会が少ない方には注意が必要です。腹痛や便秘が続く、血便がある場合などは、大腸がんの可能性があり、胃痛を伴う場合は胃がんの可能性もあります。胃がんは日本人で発生率が一番高いがんであり、このような胃腸の不調を感じられる方には、早めの検査をお勧め致します。
経験と実績に基づく確かなセカンドオピニオン経験と実績に基づく
確かなセカンドオピニオン

胃がん2700件、大腸がん1700件以上の手術実績を持ち、内視鏡の名医と評される確かな技術と経験に基づいた、セカンドオピニオンを行います。
最新の内視鏡を使ったトップレベルの診断と治療最新の内視鏡を使った
トップレベルの診断と治療

当院では、ご希望される患者さまには、直接画像を確認していただきながらの検査を行っております。
また、経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)のご用意もございますので、ご予約・ご来院の際に医師・受付にお申し付けください。

お電話でのご予約・受付・お問い合わせは TEL 045-948-3306 外来受付 9:00~18:30(毎週木曜休診日)

内視鏡検査について
WEB診断 胃腸編
WEB診断 大腸編
送迎車で快適な通院を
送迎車で快適な通院を

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.